彼女ができない人必見 彼女ができる合コンの活用法!!

「合コンに出ても彼女ができる気がしない」
「とりあえず出るけど、あまり喋れない自分が嫌になる」

せっかく合コン出てるのに、出る度にこんな気持ちになってませんか?

やっぱり、参加するなら参加した女性とデートくらいは行きたいものです。

じゃあ、どうすれば次に繋がるのか?

今回はそんなお話をしたい思います。

課題を決めて参加する!

合コンに参加する時の課題ってなんですか?

課題??いや、呼ばれたから…
あ、でもあわよくば良い人がいればいいな〜

けまけま

ってくらいの気持ちで参加してませんか?

自分はずっとそんな感じで、適当に出ていました。
そんな気持ちで合コンに出ていましたが以下みたいに散々な結果になりました。

合コン結果

  • LINEすら交換できなかった…
  • もし誰ともデートにすら行けなかった…

そして、そんなことが続き合コンに行くこと自体が嫌になりましたが、特に反省することもなくとりあえず参加だけして、同じ結果になることを繰り返してました。

そうならないためにも、必ず課題を持って参加しないといけません。

運は自分で高めるもの

例えば、女性とデートをしたことがない童貞無職の男性が初めて合コンに参加して、いきなり彼女を作れる可能性はどれくらいでしょうか?

はっきり言うと、ほぼほぼゼロじゃないでしょうか。

パンを咥えて遅刻遅刻〜と言いながら走ってくる女子高生とぶつかり、恋に落ちるくらいの可能性すらないでしょう。

じゃあ、この童貞無職の男性はどうやったら彼女ができるでしょうか?

結論としては、初めての合コンでは十中八九無理でしょう。
先ほど説明した通り、超絶運が良くない限りは、残念な結果になることは目に見えています。

女性慣れもしていない人が、いきなり合コンに参加して彼女ができる。

そんなシンデレラストーリーは期待しないほうがいいです。
練習もしていないのにオリンピックに出る夢くらい無謀です。

じゃあ、合コンで彼女を作るのは諦めろということ?

いや、そうではありません。

合コンに出る限り、少なからずチャンスはあるわけなので、参加するに越したことはありません。

出会いが少ないと嘆いているは人なら、なおさら参加すべきです。

しかし、ただ参加しているだけでは、永遠に結果は好転しません!

例えば、先ほどの童貞無職の男性が、継続して合コンに参加するも、

「へぇー」
「ハハハ(愛想笑い)」

この2語しか言葉を発しないようだったら、1年後に彼は変わっているでしょうか?

反対に、何度も断れながらも合コンを自分で開催する様にし、毎週毎晩の様に幹事として合コンを主催しけばどうだろうか?

365日合コン幹事。

こんなことができたら、職は見つけれていないかもしれないが、彼を養ってくれる女性は見つかってる可能性は高そうですね。

何も考えずに、彼女できたらいいな〜って気分で、適当に合コンに参加していては、何も成長ません。

先ほどの説明は極端過ぎましたが、現状ジャイ子くらいのレベルの女性しか彼女にできない男性が、なんの努力もなしに、1年後にしずかちゃんを彼女をするのは無理って話です。

のび太はしずかちゃんと結婚できましたが、彼はドラえもんのおかげです。
つまりドラえもんがいない僕らは、自分でなんとかするしかないのです。

どんな課題がいいのか

何も考えなしに参加すると、「彼女が出来る」が自分のゴールになってしまいます。

そうなると、自分の好みじゃない女性しか参加してなかったり、他の参加男性がイケメンでコミュ力が抜群にある人だったりして、自分が何も話せなくなるなると、途端にやる気をなくしてしまいます。

開始15分程度で、1人夜ご飯タイムが始まる可能性があります。

そして、今日も喋れなかった〜といった、ボンヤリとした反省というか、感想しか生まれません。

反省点がボンヤリとしてるとどうなるでしょうか。

 

なにもしない!

 

反省点がボンヤリとしているから、なにをしたら良いかがわからず、結局なにもしないという悪循環になります。

なので、事前に課題を作って合コンに参加するようにしましょう。

課題って?

じゃあ課題ってどんなのがいいのでしょうか。

合コン参加時の課題例
  • 3回ボケてみる
  • 女性を3回いじる
  • 自分が話の中心に1回はなる

こんな感じの簡単なので良いんです。

こうすることで、「なんでボケが滑ったのか?」「女性をいじったらなんで怒ったのか?」といった反省点が生まれ、どうすれば上手くできたかを考えることができます。

自分から発言できない人は?

とは言っても、内向的な人であったら、自分から発言するのがコワイという人もいるでしょう。

自分自身そうだったし、今も必要ない時は、積極的に話題の中心になったりはしません。

そんな人は、まずは人の発言に注目することを課題にしましょう!

  • 彼のこの聞き方うまいな!
  • この切り返し方ははうまい!

 

など、感心したことを3つ持って帰りましょう。

そして、持って帰ったものを練習して、次の合コンや女性のデートに使えるようにすると、合コンに出た価値が上がります。

さらに課題を下げるなら、「女性のグラスを空にしない」といった課題でも全然ありです。

こういったことを、ずっと繰り返し練習することで自分の視野が広くなります。

とりあえず、何も考えなしに合コンに参加参加するより、「今日はコレをする」といった課題を持って参加しましょう。

慣れてきたら課題を難しくする

最初は、自分がちょっと頑張ればできるかもしれないレベルのことに挑戦しましょう。

いきなりハードルを上げたら、出来なくて自分に悲しくなってやる気がなくなってしまいます。

でも、何回か同じ課題をしてたら、慣れと自身の成長により、頑張らなくても簡単にできるようになりますので、課題を変えなければいけません。

100gのダンベルを、毎日100回持ち上げた所で、1年後に10kgのダンベルを持ち上げることはできません。

100gを10回簡単に持ち上げれるようになったら、500g→1kg→2kg・・・と徐々に重量を上げないと、重いモノを持ち上げれるようにはなりません。

例えば「女の子のグラスを空けない」ことを3年繰り返していたら、「女の子のグラスを空けない」に関しては誰にも負けない人間になるかもしれませんが、肝心の女性との会話を盛り上げることについての成長はありません。

課題は1つでなく最低2つ準備する

自分の課題を設定したとしても、どうしてもできないこともあります。

あとで僕の体験談も話しますが、コミュ力抜群のイケメンが自分たちの合コンに参加すると、彼にその場を支配されてしまいます。

女性の視線もイケメンに一点集中です。

優しいイケメンなら、我々男性陣にも話を振ってくれますが、自分からはなにもできなくなることがあります。

例えば、「女の子をいじって笑いを取る」という課題を設定してても、イケメンに場を支配されてしまうと大変難しい課題になります。

ただ、何もできずに帰るのはもったいない。

少なくとも合コンに出たら5千円は支払って帰るわけですからね。

そこで、自分が挑戦する課題と、もう一つ簡単な課題を用意することをオススメします。

そうすることで、「あ、今日無理だな」って時に、課題を切り替えることで最低限の成果を持って帰ることが可能となります。

合コンなんてどんな状況になるか行ってみないとわからないので、保険をかけておこうということです。

自分の体験談

合コンの場にすごすぎる人が来てなにも出来なかった経験が僕にもあるんで、その体験談で説明します。

自分よりもトークが上手いとか、イケメンとかが合コンに参加してきたって経験は何度もあるけど、一番すごかったのが、元お笑い芸人が参加してきたことです。

僕が幹事した合コンで、たまたまジムで知り合った人に、どうしても人数が足りなかったので参加してもらいました。
(ちなみに前職がお笑い芸人だと知らずに、飲み会の途中で発覚しました)

幹事業とか2回目くらいの時で、まだまだ幹事慣れしてなかった時に元お笑い芸人が参加して来ました。

例えるなら、ゲームスタートと同時にラスボスに遭遇してしまったようなものです。

合コン中、元芸人は場を支配し続けました。

自分のターンが回ってくることはありませんでした。

キレキレのボケ

キレキレのツッコミ

さらには、女性にもしっかりと話題を提供する配慮も怠らず、飲み物がなくなる前の確実なフォロー。

コイツは一体、何個目があるんだ…

けまけま

そんな気分でした。

あまりの凄さに、僕は自分に課した課題の1つ「女性全員に話を振る」を諦めました。

何度か挑戦しようとしたんですが、すべて不発に終わったからです。

自分が女性に話を振る前に、元芸人が全て完了させてしまいました。

そこで、僕はもう一つのハードルの低い課題「他の人のいい所を見つける」に集中しました。

なぜなら、その時の僕の実力からすると「女性全員に話を振る」ってのは、少し背伸びして頑張らないとできない課題でした。

でも元芸人からしたら、そんなこと呼吸するレベルでこなしてしまうので、僕が対抗できるものではありませんでした。

例えるなら、スポーツを始めたばかりの人が公園で練習をしていたら、日本代表選手が隣で練習しだした状況です。

この時に、日本代表選手に張り合っても絶対負けるし下手すると「こんなレベルにはなれない」と自信喪失しまう可能性だってあります。
それなら、日本代表選手の技の1つや練習方法でも盗む方が、今後に役立つでしょう。

それが、日本代表クラスの人じゃなくても、「コイツはスゴイ」って人が現れたら、恥を捨ててその人の技の1つでも盗んだ方が自分のためになります。

なので僕は、元芸人と会話で張り合うことをやめ、彼の喋り方や間の取り方などを観察することにした。

今思うと、この判断は正しかったと思います。
お笑い芸人の話を真横でじっくり聞ける機会なんてなかなかありませんからね。

そして、そこで学んだことを持ち帰り、何度も復習しては次の合コンの機会や、女の子とのデートで使いました。

彼が使ったボケをマッチングアプリで出会った女の子に使ったら、ツボにハマったらしく大爆笑。

これにより「おもしろい人」認定を受け、さらに次のデートは相手から誘われました。

実態は、彼のボケをそのままパクっただけだなんですけどね。

でも、そんなこと誰も知りません!!

メディアに出て使ったりすると何言われるかわからないけど、普通の人は他の人良いところはマネして、自分の技にすれば良い。

よく言われる「守破離」です!

課題設定が1つで高いままだと、このように自分よりすごい人が参加した場合、何もできずに終わってしまうことがあります。

場を支配されて、ただ人の話を笑って聞いて終わる…といった状況になってしまいます。

これだと、何も得られず居酒屋の飯と酒にお金払ってるだけで、お金も時間ももったいないんです。

でも、低い課題も準備しておけば、今日は強者いるから無理と判断できます。
さらに、強者というお手本がいるのだから、その人の技を盗めば良いんです。

もっと慣れてきたら、低い課題を5つくらい準備して望めば、次に活かせる成果物を1つは持って帰れるでしょう!

雨が降ったらグランドでは練習できないけど、何もしないってわけじゃないでしょ?
校舎内とかの雨濡れない所で、筋トレとか他にできることっていっぱいあるでしょ?

そんな感じです。

女性の会話は話題になる

ちなみに、スゴイ人から何かを盗むってのだけが低い課題ではありません。

例えば、変わった人が参加してたら、その人の話を良く聞いて、他の合コンやデートの時に「こんな変な人がいてさ〜」といった笑い話にすることだって出来ます。

しょうもないことでも話題になるんです。
なので、「話題作りをする」って課題もオススメです。

ちなみに女性は話題作りのプロフェッショナルです。

女性たちはってよく合コンの体験談で盛り上がりますが、あれは合コンに参加しまくってるから話題が尽きないのではありません。

「恋バナ」に関する話が好きだから、無意識に話題を探しているのです。

女性

え、なにこの人!!今度○○ちゃんに話そう

このように、ちょっと変わっ人に遭遇するとだれかに話そうと無意識に考えています。

つまり、合コンに参加した時に、次に使える話題を見つけて、自分の面白話にしちゃえば女性と会話するときの話題になります。

まとめ

  • 合コンで彼女出来る気しない…
  • 合コンに価値を見出せない…
  • 最近合コン断ってるわ…

って人は、一度参加するときの考え方を変えてください。

せっかく女性と接するチャンスだから、今後のためにも課題を設定して参加し自分を磨き続けましょう。

磨くことをせず、自分自身が道端に転がっている石コロ状態のままだと、良い人に出会えようが、相手にされない。

チャンスはいつ来るかわからない。
明日の合コンの時かもわからない。
1ヶ月後、1年後、いつかなんて本当に誰にもわからない。

その時に、振り向いてもらえるかは結局自分がいかにアプローチするかにかかっています。

トレーニングジムに行って、ジム仲間と話してても筋肉はつかないですよね?
同じように、ただ参加して人の話聞いてるだけだと、なにも成長しないので合コン参加時には課題を設定して臨んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です