【時短】スマホの音声入力が便利。文字入力時間を半減させる方法

音声入力??

あーあの役立たずの機能ね!!

昔々、Siriが出た頃に自分の英語を一切聞き取ってくれなかった苦い経験から、自分の時は止まっていた。

ヤバイ!超楽だぞ音声入力!!
しかも、iPhoneのデフォルト機能!つまりタダってことだ!!

多分、音声機能とか使っている人の方が既に多いかもしれないけど、便利過ぎて興奮しすぎているから勢いままに音声入力について書く!

音声入力の設定

とりあえず、設定してなかったら使えないから設定してね。

「設定」の中にある「一般」を選択。

「一般」の中にある「キーボード」をポチッと。

その中にある「音声入力」って所の右側にあるチェック項目が緑になっているかを確認。
緑色じゃなかったらポチッてチェックを入れよう。

音声入力の方法

さて設定が完了したら、音声入力してみよう。

iPhoneのキーボードの左下にあるマイクマークのやつ。それをポチッと!

するとiPhoneがなんか喋れやと身構えている!!

なんか喋らなきゃ!喋らなきゃ・・

「Hello, my name is…」

日本語で出てくるんかい!!

は、恥ずかしい・・喋れないのに頑張ったのに・・・

気を取り直して、

いける!!聞き取ってくれる!!

こんなんもいけた!この音声入力している時、横に親いるからヒソヒソ声だけどいけてる!!親に聞こえていないかだけが心配・・

「、」「。」「改行」も入力できる

改行とか出来んの?→できた!

以下の様に話しかけたら、音声入力で句読点入力と改行もすることができるよ!

  • 「改行」→かいぎょう
  • 「、」→てん
  • 「。」→まる

英語入力もできる

出来んのかよ!!
あれ、さっきできなかったけど・・・

どうやら、英語モードにしてないと英語は入力してくれないらしい。

音声入力画面の左下を押すと、英語モードになって英語を出してくれる。

発音練習にも使える

1人で勉強してると、発音あってんのかなって心配になってくる。
そんな時は、音声入力で認識されるかやってみたらいい。

機械で認識できるなら、対面で話してる人には伝わるよ。

ちょっと使ってみると・・

「I write a blog.」

ん??違う違う!!

「I write a blog.」

あーダメだわ!英語入力の方はまだまだ精度悪いわ!!!

全然ダメ!自分の英語に追いついてないわマジで!

クソだね!

ホント、クソだね!!!(自分の英語力が・・ちくしょうっ!!)

ちなみに上級者になるとSiriと英語で会話するらしい。

へ、変態だぁ〜〜

LINEでの音声入力時の注意点

LINEでの音声入力は少し違うから気をつけてね。

LINEの入力画面だと右上にもマイクボタンあるけど、これはLINEの機能だから勝手が違う。LINEで音声入力を使うのも、先ほどの説明と同じように左下のマイクボタンを押せばいいだけ。

LINEのマイクボタンに騙されないで!!

LINEのマイクボタンの機能は

LINEのボタンを押すと、以下の様な画面が出る。

使い方は長押ししてると、丸の部分が赤色になり秒数がカウントアップされる。カウントアップされ出すと、音声が録音される。そして、その音声がそのまま相手に送信される。

音声が入力されると、すぐに送信される。

「あれ、入力されへんやん。どないなってるん?あれ?」

みたいなアホみたいな音声が送信されてしまう可能性もあるので、注意しよう。(経験談)

でも今は、送信取消って最高の機能がある。
消したいメッセージを長押しして、送信取消をポチッとすると・・・



消える!いい機能だ!

まとめ

機能としてあるのは知ってるけど、あんま使っている人見ないな〜って機能。

最初は慣れ親しんだフリック入力の方が速いけど、音声入力に慣れたら音声入力の方が圧倒的に速い!携帯からスマホになった時に、昔の入力方法が廃れた様に、もっと精度が上がるとフリック入力も廃れるかもしれないな〜と感じるくらい良かった!

なんで、みんなも是非とも音声入力を一度使ってみることをお勧めするよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です