その数100オーバー!「タマ」は何回発言された?映画「クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡」で発言されたタマの数を分析してみた

1997年の4月公開に公開された映画「クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡」

ひまわりが生まれてから初めて公開される映画で、主題歌を「財津和夫」が担当した映画でクレしんファンの間でも人気の映画です。

簡単なあらすじ
しんちゃんが拾ってきた光る玉をひまわりが飲み込んでしまった。その”タマ”にはふしぎな力が秘められており、その玉を巡って、”珠由良族(たまゆらぞく)”と”珠黄泉族(たまよみぞく)”との対立に巻き込まれちゃったしんちゃん一家!”珠由良族”のおかま達と共闘して、”珠黄泉族”からひまわりを守るために戦うしんちゃん一家のお話。

 

この映画なんだけどタイトル通り”タマ”を中心としてお話が展開していきます。
たまに見る映画なんだけど、ふと疑問に思いました。

けま

この映画で何回”タマ”って言うんだろう??

皆さんも疑問に思いませんでした?

ということで映画の中に出てくるタマの数を全て数えて分析してみたので紹介します!

”タマ”発言総数

この映画の放映時間は99分なんですが、この99分間の中で発言された”タマ”の総数は・・・

 

 

 

110回!!

 

なんと1分に一回以上のペースで”タマ”が発言されていました。

”タマ”の発言されたペース

さて、タマの出現総数は驚異の110回と判明しましたが、どれだけのペースで発言されていたのかも調査しました。調査結果は以下の表とグラフになります。

な、なんと最初の20分の間に過半数を超える61回もの”タマ”が発言されていました!!

けま

タマタマ言い過ぎ〜
さすがクレヨンしんちゃん!!

タマと発言された回数(総数)

1分間でタマと発言された回数